シミ 原因

シミの原因

シミの原因は?なぜシミができるのか。

 

なぜシミができるのか

 

シミは、皮膚内のメラニンという色素で、一番多い原因は、紫外線を浴びてできるシミです。ホルモンバランスの変化や、
紫外線などの外的刺激によるシミが一番多いですが、妊娠によるものや、遺伝、やけどやニキビなどの炎症、ホルモンバランスの変化などがあります。

 

紫外線などがシミの原因の場合

 

紫外線の刺激で、シミの原因となるメラニンが活性化するために引き起こされます。
対策として日焼け止めや日傘をしたり、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを摂取することも有効です。

 

顔以外にも手や、背中などの露出部に多く、中年以降に増えることが多いです。

 

遺伝がシミの原因の場合

 

「ソバカス」が代表的な原因です。小さいころからあったり、家族にもある場合が特徴です。

 

やけどやニキビなどの炎症が原因の場合

 

やけどやニキビなどの炎症が治ったあとににでき、年齢や性別などに関係なくできるのが特徴です。

 

ホルモンバランスの変化などが原因の場合

 

妊娠や避妊薬などでホルモンバランスの乱れが原因で誘発されるシミです。
肝斑と呼ばれています。
女性で、妊娠中には「エストロゲン」という女性ホルモンが多く分泌されます。
それが、メラニン色素を作るホルモンが刺激されてシミになるのです。

シミのできるメカニズム

シミの原因は?なぜシミができるのか。

 

皮膚は表皮(皮脂膜、角質層、顆粒層、有棘層、基底層)真皮からなります。
表皮はケラチノサイト(表皮細胞)と、表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」から成ります。
表皮がシミに深く関わっています。

 

シミは紫外線から身を守るためのメラニン色素が、肌に残り沈着した状態です。

 

シミのできる過程は

1.紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発になります。
2.メラノサイト内でメラニンという色素が生成されます。
3.ケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から細胞核を守ります。
4.体の不調や老化やストレスなどによって、肌の新陳代謝が乱れると排出されず残ります。

上記の過程で、シミは生成され排出されず残ることでシミになります

シミの原因は?なぜシミができるのか。

皮膚は、シミができても通常28日周期で、新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。
新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返すことで、新しい細胞に生まれ変わり、古い細胞は排出されます。
新しい細胞が基底層で生成されることで、古い細胞が押し上げられ、最後は表面から剥がれ落ちるます。
その時に、シミも剥がれ落ちるのが通常の新陳代謝(ターンオーバー)です。

 

しかし、この新陳代謝(ターンオーバー)の周期以上の、メラニンが過剰に生成されたり、新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルが乱れることで、本来剥がれ落ちるメラニンが剥がれ落ちずそのまま残ってしまいシミになるのです。

 

新陳代謝(ターンオーバー)が乱れる原因は、

1.長年紫外線を浴び続け、肌にダメージを受ける
2.たばこやストレスなどで、老化の原因の活性酸素が増える

 

すると、肌の再生能力(新陳代謝(ターンオーバー))が低下します。

 

 

 

 

シミの原因を知り、正しい新陳代謝(ターンオーバー)の周期になるように肌状態を保ち、過剰なメラニン生成を抑制することが、シミ対策に繋がるのですね。

 

メラニンのもと「チロシナーゼ」の活性と合成を抑制する成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン
メラニンの色を還元(メラニンの色を無色化して、白く戻していく作用)する成分は、ビタミンC誘導体
です。
これらの成分が入っている、オールインワンジェルのシミトリーがオススメです