シミトリー 副作用

シミトリーに副作用が少ないのには理由があった

 

シミトリーは医薬部外品ですので、有効成分が配合されており、副作用がないとは言い切れません。

 

特に、美白効果が期待できる有効成分である、ハイドロキノン誘導体「アルブチン」が配合されていますので、副作用の可能性があるのです。

 

ハイドロキノン誘導体「アルブチン」はハイドロキノンと違い、高い安全性の実績があり、重篤な副作用も報告されていないようですので、副作用の心配は少なく、一般的な化粧品にも用いられています。

 

詳しく説明すると、ハイドロキノン誘導体「アルブチン」は、ハイドロキノンにブドウ糖を結合してつくられたものですが、ハイドロキノンと違い、ハイドロキノンに比べてメラニンに対する働きは穏やかなのは有名です。

 

しかも、シミトリーは敏感肌の人でも安心して使えるように、「10種類の天然保湿成分」と、香料など肌に負担をかける7つの化学成分を無添加にしております。

 

シミトリーには、購入から14日以内なら全額返金保証制度も用意されているので、万が一、副作用がでたり、肌に合わなかったりした場合には、全額返金されるので安心して試すことができるのはないでしょうか。

 

では、「10種類の天然保湿成分」を見てみましょう。

シミトリーの評判の10種類の天然保湿成分とは

シミトリー 口コミ | 天然成分

 

シミトリーには、敏感肌に配慮した天然保湿成分が10種類含まれておりますので、肌のハリ・保湿・弾力に効果が期待できます。

 

天然保湿成分は、

 

フラバンジェノール、ビルベリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、天然ビタミンE、セラミド、オリーブ油、スクワラン、シア脂

 

です。

 

フラバンジェノールは天然由来のポリフェノールでフランス南西部の海岸松の樹皮から抽出されており、オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)を豊富に含み、そのOPCが抗酸化作用(抗活性酸素)が高いのです。

 

活性酸素とは、人間が生きていく上の必要な酸素が、活性酸素となります。
活性酸素は、日常生活などで体内に侵入した異物(細菌やウイルスなど)を分解する働きを持っているので、体にはなくてはならないのですが、増えすぎると肌にダメージ(肌のハリや弾力がなくなったり、皮脂の酸化、新陳代謝の低下など)を与えることにもなるものです。

 

活性酸素は、呼吸だけでも発生しますし、激しい運動、ストレス、紫外線、たばこ、飲酒などでも増えると言われています。

シミトリー無添加7つの化学成分

シミトリー 口コミ | 無添加の画像

 

通常の化粧品だと添加物なのが、シミトリーでは無添加です。

界面活性剤、鉱物油、香料、着色料、パラベン、エチルアルコール、シリコーン

シミトリー @コスメでも副作用のコメントなし

シミウス 口コミ

 

シミトリー @コスメで多くの口コミがありましたが、副作用などの口コミがありませんでした。

 

敏感肌に配慮した、天然成分を配合しているので、副作用の心配も少なく、安心して使えるのですね。

↓\26%OFF&返金保証/↓

シミトリーの公式サイト >