シミ できやすい

シミのできやすい人の特徴

 

シミは日頃の生活習慣が強く影響しており、毎日キチンとスキンケアすれば、予防できるんです。

 

しかし、同じスキンケアをしていても、シミにはできやすい人、できにくい人がいます。

 

シミができやすい人には、先天性の要因と、後天的な要因があります。

 

では、どのようなタイプの人がシミができやすいのか、みていきますね。

 

先天的にシミができやすい人

 

色白である

 

→シミは肌を守るためにメラニンを生成するのですが、色白な人は、遺伝子の構造上メラニンを多く分泌しやすいのです。
肌を守るためにメラニン色素を過剰に生成します。

 

シミは女性ができやすい

 

→シミはできやすいのは女性です。理由として、女性ホルモンが関係しております。

 

血流が悪い人

 

→血流が悪いと、肌のターンオーバーのサイクルが乱れやすく、シミの原因であるメラニンが肌に残り、シミが増えるのです。

 

日焼けをすると赤くなったり水ぶくれになりやすい

 

虫刺されの跡が残りやすい

 

 

後天的にシミができやすい人

 

睡眠不足
→睡眠不足は、ターンオーバーのサイクルを乱します。

 

紫外線対策を行っていない

 

乾燥肌の人
→肌の乾燥による「乾燥刺激」がシミを増や原因であることが分かっています。

 

刺激を与える人
→肌をゴシゴシ洗ったり、ニキビを潰したりなど、顔に過剰な刺激を与えると、シミができやすくなります。
洗顔時には、お肌を優しく力を入れずに洗うのがコツです。

 

脂質や糖分の摂りすぎなどの食生活に偏りがある

 

 

シミのできやすい人には、先天性の要因と、後天的な要因がありますが、キチンとスキンケアをすれば、シミの予防はできるんです。

 

逆にいえば、シミができやすい人が、スキンケアを怠れば、普通の人よりもシミが出来やすいため、正しい成分の入ったスキンケア用品選びが重要になってきます。
また、日ごろからのシミに対する心がけが重要になり大きな差を生みます。
例えば、買い物に行く時や、洗濯物を干す時など、紫外線を浴びた肌が、肌の中でメラニンが作られるのは、紫外線を浴びて約3日後からといわれてます。
3日目までに美白ケアをする必要があるのです。

 

つまり、シミに対するケアを行っていれば、シミも薄くなり目立たなくなります。

 

もちろん、加齢や紫外線の影響によってシミができてしまうことはありますが、肌のターンオーバーを整え、保湿成分の配合されているスキンケアを使えば、肌の水分量が増え、ハリのはる肌で、シミの予防にもなり、シミのない肌を目指せるわけですね!


薬用シミトリー